動悸や気分のイライラ、耳鳴りは自律神経失調症の症状でした

今までストレスを感じる事は多くありました。
生活や仕事、様々な事でストレスをため込んでいたのです。
しかし、それが体調に影響を及ぼすとは思っていませんでした。

30代の中頃になった時になんだか心臓がドキドキする事が多くなりました。
何も無い時でもやたらと鼓動が早いのです。
また、それと同時期になぜかイライラしたり不安になったりする事も多くなったのです。

毎日生活に不満を持ったり、ちょっとした事で怒りやすくなりました。
もしかしてこれは更年期なのかな、なんて不安になったのです。
まだ更年期になるには早すぎるとショックを受けました。

ある日、別の病気で病院に見て貰うときに先生に相談しました。
動悸がする事、精神がなんだか不安定な事を相談したのです。
そうしたら先生はそれは自律神経が乱れているせいだと言いました。

ストレスが原因で自律神経失調長になっていたのです。
自律神経失調症には様々な症状がありますが、私には動機と精神が不安定になる事。
なんだか息苦しい事と耳鳴りの症状が出ていたのです。

今では薬のおかげで大分症状が落ち着きました。
特に精神の不安定はすっかりと落ち着いています。

自律神経失調症は内科や婦人科で見て貰えます。
ちょっとした症状だからと放置しないでちゃんと病院で見て貰う事が良いでしょう。http://xn--88jua2fio0ewb9115e0iycs88a.jp/

近視で老眼、色んな老化が止まらない!

若い頃からずっと近視で悩まされていた私。小学生の時にゲームにハマりすぎて、それ以来すごく視力が低下してしまいました。
年齢とともに視力の低下は緩やかになりましたが、今度は手元の小さい文字が見にくくなってきました。近視も強いので、普段は近視用のメガネをかけていますが、手元の小さい文字を見るときはメガネを外して目を近づけて読まなければなりません。
近くも遠くも見えにくいって、年齢を感じてすごく嫌ですが、仕方ないですね。基本的に何かを読んでいるのが好きなので、最近では暇があればすぐスマホで何か記事を読んでいます。本を読んだ後よりも、スマホをじっと見た後の方が目が疲れやすいです。長時間スマホを見た後に遠くを見ようとするとピントが合わず、いつもより遠くが見にくいように感じます。
ドライアイもひどく、薬局に目薬を買いに行きました。確かに年齢的には40前後の私ですが、薬局の方に中年用の目薬を勧められてちょっぴりショックを受けました。ええそうです、確かにもう中年なんですけど…。いつまでも心の中は若いつもりでも、目が老化していたり、見た目も年相応に見られるものですね。老けこまないように頑張ろう!